以前このような記事を書きました。

Jupyter Notebooks上でGUI感覚でデータ解析を行う

2年もたち、仕様も色々変わたようです。従って改めて2021年版のbambolibチュートリアルを書きたいを思います。余談ですがdatabricks社の傘下に入ったようで、とりまくビジネス環境も変わってようです。databricks社はクラウドDWHやデータレイクなどの分析基盤プラットフォームを提供する会社です。

無料版はローカル環境、もしくはbinder上で実行可能です。以前はbinderからの実行に限られていたのですが、ローカル環境で実行可能になったことで非エンジニアの方にもとっつきやすくなったのではないでしょうか。そもそも私も含めて非エンジニアはgithubすらまともに使いこなせないため今回の変更はありがたいです。

ローカルで使用するため、インストールをします。Kaggle上でも使えるようですが、現在(2021/11)時点ではサポートしていないとのことです。

anaconda環境で使用することを前提に話を進めます。anacondaをインストールしていない方は適宜anacondaの公式サイトよりダウンロードしてインストールしてください。

環境とインストール構築

anaconda仮想環境を作成します。ターミナル上(windowsではanaconda prompt上)で

として環境を構築します。blは環境名なので任意で結構です。以降に出てくる「bl」は各自がつけた環境名に適当に変更してください。次に作成した環境をアクティブにします。

jupyter notebookとコマンドにうちnotebookを立ち上げます。

と打ち込んで以下の画面が出れば成功です。

 

 

投稿者プロフィール

株式会社Crosstab 代表 漆畑充
株式会社Crosstab 代表 漆畑充
当ブログは【アナリティクスやデータの総合的な活用を通じて「未知の知」の獲得に貢献する】株式会社Crosstabが作成しています。

筆者について
2007年より金融機関向けデータ分析業務に従事。与信及びカードローンのマーケテイングに関する数理モデルを作成。その後大手ネット広告会社にてアドテクノロジーに関するデータ解析を行う。またクライアントに対してデータ分析支援及び提言/コンサルティング業務を行う。
統計モデルの作成及び特にビジネスアウトプットを重視した分析が得意領域である。
お問い合わせは株式会社Crosstabまでお願いいたします。